浴槽交換の費用相場はどれくらい?浴槽タイプ別の費用や節約術を徹底解説

浴槽交換の費用相場はどれくらい?浴槽タイプ別の費用や節約術を徹底解説

浴槽の交換を考えている多くの方は、費用の相場や適切な交換タイミングに悩まされていることでしょう。カビの発生や排水口の問題、耐用年数の経過など、さまざまな要因が重なり、どう対応すべきか迷うこともあります。また、費用を抑えたいけど品質も妥協したくないというジレンマに直面している方も多いはずです。

この記事では、具体的な費用相場や交換タイミング、さらに費用を抑えるための実践的な方法を詳しく解説します。あなたの浴槽交換の不安を解消し、最適な選択をサポートするための解説がありますので、ぜひ参考にしてください。

浴槽交換でお悩みなら、浴室専門チームにご相談ください。お客様のニーズに合わせた柔軟な対応と、適正価格でのサービスをお約束します。お電話、LINE、メールでお問い合わせください。

お風呂のリフォーム方法をまとめた記事は以下をご覧ください。

お風呂リフォーム費用の相場は?人気オプション・費用抑える方法徹底解説!

浴槽の交換にかかる費用の目安

浴槽の交換にかかる費用の目安

浴槽の交換にかかる費用の目安をタイプ別に詳しく解説します。

埋め込みタイプ

埋め込みタイプの浴槽交換費用は、約10万〜20万円が一般的です。埋め込みタイプの浴槽は、浴室の床や壁に埋め込まれる形で設置されるため、解体作業や補修作業が必要となり、その分費用が高くなります。例えば、古い浴槽を取り外す際にはタイルや周囲の壁の補修が必要になることがあります。

また、新しい浴槽の設置には配管の調整や防水加工が欠かせません。特に、家の構造や既存の浴室の状態によっては、予期しない追加費用が発生することも考えられます。そのため、事前に複数の業者から見積もりを取り、詳細な説明を受けることが重要です。

据え置きタイプ

据え置きタイプの浴槽交換費用は、約4万~8万円が相場です。据え置きタイプの浴槽は、浴室の床に置くだけの設置方法であるため、設置作業が比較的簡単で、解体や大掛かりな補修が不要な場合が多いです。そのため、費用も比較的安価に抑えられます。

しかし、床の強度や防水性の確認は必要であり、場合によっては下地の調整や補強が必要になることがあります。また、排水口の位置や配管の接続も重要なポイントであり、業者による適切な施工が求められます。このように、具体的な費用は現場の状況や選択する浴槽の種類によって変動するため、やはり事前に詳細な見積もりを取ることが大切です。

浴槽の素材による本体費用の相場

浴槽の素材による本体費用の相場

浴槽の素材によっても費用が異なります。素材別の本体費用の相場を詳しく解説します。

FRP浴槽

FRP(繊維強化プラスチック)浴槽は、耐久性が高く軽量で、費用も比較的リーズナブルです。FRP浴槽の費用相場は、約3〜35万円です。この素材は、掃除がしやすく、カラーバリエーションも豊富で、デザイン性に優れています。

表面が滑らかで汚れが付きにくく、日常のメンテナンスが簡単です。耐熱性にも優れており、お湯が冷めにくいという特徴がありますが、経年劣化で表面にひび割れが生じることがあります。定期的なメンテナンスが必要ですが、コストパフォーマンスが良い点から、家庭用として人気があります。

人工大理石浴槽

人工大理石浴槽は、高級感があり、耐久性と保温性に優れています。費用相場は、ポリエステル系の人工大理石で約5〜40万円、アクリル系の人工大理石で約30〜120万円です。高級感のある浴室を求める方におすすめです。

ポリエステル系は比較的安価でありながら、美しい光沢とデザインが魅力です。一方、アクリル系はさらに高い耐久性と耐熱性を持ち、長期間にわたってその美しさを保ちます。両者とも、表面が滑らかで掃除がしやすく、カビや汚れが付きにくいという利点があります。

ホーロー浴槽

ホーロー浴槽は、金属の表面にガラス質を焼き付けたもので、耐久性と美しさを兼ね備えています。ホーロー浴槽の費用相場は、約13〜73万円です。ホーローの表面は非常に硬く、傷や汚れに強いです。

また、耐熱性が高く、長時間お湯を保温する効果があります。しかし、強い衝撃を受けると表面のガラス質が割れる可能性があるため、取り扱いには注意が必要です。美しい光沢を持つホーロー浴槽は、クラシックなデザインの浴室によく合います。

ステンレス浴槽

ステンレス浴槽は、耐久性と耐腐食性に優れ、長寿命です。ステンレス浴槽の費用相場は、約5〜25万円です。ステンレスは錆びにくく、メンテナンスが容易です。

モダンなデザインが多く、シンプルでスタイリッシュな浴室に適しています。高い熱伝導率によりお湯が冷めやすいデメリットがありますが、保温材を使用することで対策できます。また、耐久性が高いため、長期間にわたって使用することができ、コストパフォーマンスが良い素材と言えます。

お風呂リフォーム費用の相場は?人気オプション・費用抑える方法徹底解説!

ユニットバスの交換タイミング

ユニットバスの交換タイミング

ユニットバスを交換するタイミングは様々です。それぞれの詳細を解説します。

浴室内のカビが目立つ

浴室内にカビが頻繁に発生し、掃除してもすぐに再発する場合は、ユニットバスの交換を検討するタイミングです。カビの原因としては、湿気がこもりやすい設計や、経年劣化により防水性能が低下したことが考えられます。

特に、壁や天井の隙間にカビが広がっている場合、内部構造にダメージを与え、建物全体の劣化を招く可能性があります。カビは健康にも悪影響を与えるため、早めの対策が重要です。

排水口の流れが悪い

排水口の流れが悪くなり、水がスムーズに排水されない場合も交換のサインです。この問題の背後には、排水管の詰まりや腐食、配管自体の劣化があることが多いです。これを放置すると、水漏れが発生することがあります。

また、排水の問題は悪臭の原因にもなり、浴室の使用が不快になります。配管の交換や修理は、ユニットバス全体のリフォーム時に一緒に行うことが効率的です。

耐用年数を超えている

ユニットバスの耐用年数は一般的に15年~20年とされています。特に、頻繁に使用される家庭では、この期間を過ぎると各部品の劣化が目立ち始めます。例えば、シャワーヘッドや蛇口の水漏れ、ドアの開閉不良、床材の剥がれなどが見受けられます。

これらの問題をその都度修理するよりも、ユニットバス全体を新しく交換することで、快適性と安全性が大幅に向上します。新しいユニットバスには最新の技術やデザインが採用されており、節水機能や掃除のしやすさなども改善されています。

壁や浴槽にヒビが入っている場合の交換タイミング

壁や浴槽にヒビや割れが見つかった場合も、交換を考えるべきタイミングです。特に、ヒビから水が染み込み、内部の木材や断熱材にダメージを与えると、構造自体が弱くなる危険性があります。これにより、カビの発生や建物の腐食が進行し、さらに高額な修理費用が必要になることもあります。

定期的に浴室の点検を行い、早期に問題を発見して対処することが大切です。ヒビが見つかった場合は、専門家に相談して適切な修理や交換を行うようにしましょう。

浴槽を交換する際の注意点

浴槽を交換する際の注意点

浴槽を交換する際に注意すべき点を詳しく解説します。

DIYで浴槽の補修や塗装は危険

浴槽の補修や塗装をDIYで行うことは、見た目以上に難しく、危険を伴うことがあります。例えば、浴槽の表面に新しい塗装を施す際、適切な下地処理が不十分だと、塗装がすぐに剥がれてしまうことがあります。また、化学薬品を使用するため、取り扱いに注意が必要です。

さらに、専門的な知識や技術がないままに補修を試みると、水漏れや構造的な問題を引き起こすリスクが高まります。そのため、浴槽の補修や塗装は専門業者に依頼することが安全で確実です。

浴室のシャワー水栓を自分で交換する方法は?DIYのメリットとチェックポイントを解説

賃貸物件では勝手にリフォームしない

賃貸物件にお住まいの場合、浴槽の交換やリフォームを勝手に行うことは避けるべきです。賃貸契約には、物件の構造や設備に変更を加える場合は、必ずオーナーや管理会社の許可を得る必要があると明記されていることが多いです。

勝手にリフォームを行うと、契約違反となり、退去時に原状回復費用を請求されることもあります。また、リフォームの内容によっては、賃貸物件の価値を損なう可能性もあるため、事前にオーナーや管理会社とよく相談し、許可を得た上で適切な工事を行うことが大切です。

浴槽の交換費用を安く抑える方法

浴槽の交換費用を安く抑える方法

浴槽の交換費用を安く抑える方法を詳しく解説します。

複数の業者から見積もりを取る

浴槽の交換費用を安く抑えるためには、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。異なる業者の見積もりを比較することで、適正な価格を把握しやすくなります。

特に、業者ごとに提供するサービス内容や施工方法が異なるため、詳細な見積もりを取り、価格だけでなく品質やサービスの内容も確認しましょう。インターネットを利用した一括見積もりサービスを活用すると、多くの業者から短時間で見積もりを取得できます。

価格の低い浴槽に交換する

費用を抑えるためには、価格の低い浴槽を選ぶことも一つの方法です。例えば、FRP浴槽は比較的安価でありながら、耐久性もあるためコストパフォーマンスに優れています。

また、中古の浴槽やアウトレット品を利用することで、さらに費用を抑えることができます。中古品やアウトレット品を購入する際は、品質や状態をしっかり確認し、信頼できる販売業者から購入することが重要です。

交換タイミングを季節や業者の混雑具合に合わせる

浴槽の交換作業を行うタイミングを工夫することで、費用を抑えることができます。例えば、業者の繁忙期を避けることで、通常よりも安価にサービスを提供してもらえる場合があります。

一般的に、リフォーム業者は春や秋の繁忙期に比べて、夏や冬の閑散期には価格交渉がしやすい傾向があります。また、早めに計画を立てて余裕を持ったスケジュールを組むことで、業者との交渉もスムーズに進むでしょう。

まとめ

浴槽の交換には費用がかかりますが、適切に選択することで費用を抑えることができます。カビの発生や排水口の問題、耐用年数の経過など、交換のサインを見逃さずに対応しましょう。

複数の業者から見積もりを取る、価格の低い浴槽を選ぶ、交換のタイミングを工夫することで、無駄な出費を避けられます。この記事を参考に、快適で安心な浴室を実現するための第一歩を踏み出してください。専門家のアドバイスを活用し、納得のいく浴槽交換を行いましょう。

浴槽の交換でお困りなら、弊社はエキスパートの観点からサポートします。分かりやすい費用見積もりを元に、ご予算に適した対応を選択いただけます。一度、電話による事前診断を受けてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

浴槽の交換費用を安く抑えるにはどうすれば良いですか?
浴槽の交換費用を安く抑えるためには、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。また、価格の低い浴槽を選ぶことや、業者の繁忙期を避けることで費用を抑えられます。アウトレット品や中古の浴槽を検討するのも一つの方法です。
浴槽の交換タイミングはいつが良いですか?
浴槽の交換タイミングは、浴室内にカビが頻繁に発生する場合や排水口の流れが悪い場合、耐用年数を超えている場合、壁や浴槽にヒビが入っている場合が目安となります。これらの兆候を見逃さず、早めに対応することが重要です。
浴槽の交換にかかる費用の目安はどれくらいですか?
浴槽の交換費用は、埋め込みタイプで約10万~20万円、据え置きタイプで約4万~8万円が一般的です。また、浴槽の素材によっても費用が異なります。
浴室専門チームは一般家庭だけでなく企業、オフィス、ビル、病院、医療施設、介護施設、福祉施設、飲食店、工場、賃貸、分譲マンションなども対応しておりますので浴室に関するお困り事は何でもご相談下さい! 出張、見積もり無料で即日修理、日時指定どちらにも対応させて頂いてますのでお客さまのご希望をお伝え下さい! 法人様向け、専属契約プランもご用意 企業、法人様、飲食店様、管理会社様、オーナー様と専属契約を結ばせていただき浴室の定期的な点検作業、メンテナンス、配管洗浄、配管工事、高圧洗浄、蛇口やパッキンやカートリッジ等の水栓部品、各浴室の商品(便器やウォシュレット等)のリフォーム、及び24時間対応の緊急修理をさせて頂いています。 専属契約を結ばせて頂くことでリーズナブルな金額で対応させて頂く事ができますので大変喜ばれています!浴室専門の水道業者を探している法人、企業様、管理会社様、オーナー様はフリーダイヤルまでご連絡下さい!
  • 年中無休
  • 24時間対応
  • 見積もり無料
0078-6019-4003

IP電話/ひかり電話ではご利用頂けません

24時間365日対応致します。 まずはお気軽にお電話ください。